詐欺行為をしている風俗業者に注意

"近年の法改正によって、店舗型の「風俗」営業が難しくなり、多くの業者が派遣型のデリヘルとして営業をしています。
デリヘルや「風俗」で働く女性は、未経験者が多く、素人の女性とエッチなことを楽しむことが出来ます。
様々なデリヘルの体験談をインターネットで公開されていますが、たしかに『良からぬ業者』が存在しているようです。
しかし実際はイメージをしているよりも、健全に営業をしているデリヘル業者の方が多くなっているのです。

 

利用をするデリヘルを選ぶ時には、自分なりに注意をするべき点を考えておくことが大切です。
受付時の電話での対応の仕方、または料金の説明などで信頼出来そうな業者を選びましょう。これまでに一度もデリヘルを利用されたことが無い男性も多くいらっしゃることでしょう。
中には『デリヘルは怖い業者だ』というイメージを持っている人も結構いらっしゃると思いますが、全てがそうではないのです。"

京都 風俗 求人は当サイトへ
http://www.5250.jp/
京都 風俗 求人



詐欺行為をしている風俗業者に注意ブログ:21-1-19

あれは俺が10歳頃のことだったでしょうか…

俺の家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そして俺がもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
俺の耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

俺はもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
パパに訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

パパは時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあ俺がネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

俺は時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
とパパは教えてくれました。

俺は小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そしてパパに時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子様のようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、パパはこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

ニンニン